Menu
  1. HOME
  2. 課題から探す
  3. メインフレームのWeb化、エミュレータ

メインフレームのWeb化、
エミュレータ

メインフレーム資産をWeb化しGUI操作に
変更、
スマートデバイスにも
対応することで、作業効率を向上

悩み

既存のメインフレーム資産を有効活用し、さらなる業務効率の向上を実現したい

解決!

メインフレームで稼働している資産を有効活用するためには、エニュミレータで展開しているキャラクターインタフェースのシステムをWeb化し、Webベースのグラフィカルなユーザインタフェースを提供することで利用者が増え、メインフレーム資産を有効に利用できます。

悩み

既存システムに影響を与えることなく安全にWeb化を実施したい

解決!

既存のメインフレーム資産を直接Web化するには、莫大な費用と工数がかかります。そこで、現在稼働しているエミュレータの画面をWeb化の対象とすることで既存のシステムに影響を与えることなく、安全で迅速なWeb化を実現します。

悩み

モバイル環境でもアプリケーションを利用したい

解決!

Web化と同時にスマートフォンやタブレットにも対応。活用シーンを社外に広げることでさらなるメインフレーム資産の有効活用につながります。

ソリューションの特長

既存システムを安全にWeb化

メインフレームのエミュレータ画面をWeb化することで、既存のメインフレーム資産にプログラム改修などの影響を与えることなくWeb化を実現します。

モバイル対応で利用シーンを拡大

Web化によるモバイル対応により、社外でリアルタイムにメインフレームの情報にアクセスが可能になり、外出先や出張先など、利用シーンが拡大します。また、情報の入力端末としてもデバイスを選ばず活用できます。

内部統制・BCP対応

端末での操作はすべてログに記録され、情報漏洩などの有事の際には迅速にアクセスログを検索でき早期の原因究明を実現し、内部統制に対応します。また、災害時には身近なスマートフォンやタブレット端末などを使い、拠点外からメインフレームへアクセスすることが可能です。

導入事例

関連製品・サービス

infoScoop

情報活用の側面からワークスタイルの変革を支援する「infoScoop」

infoScoopは、「情報洪水からの脱却」 「情報へのスピーディなアクセス」を目的として開発した企業向け情報ポータル(EIP)です。最新のinfoScoop Cloud Ente...

お問い合わせフォーム