各種ログの統合管理・活用を実現

ハードウェア、アプリケーション、ネットワーク機器、通信環境などから発生する膨大なログデータを「収集して統合する」、「圧縮して保存する」、「高速・高精度検索する」、さらに「効果的に集計・分析・レポート化する」など、ログの統合管理に必要なあらゆる機能を高レベルで提供します。また、ジョブ管理機能との連携により、ジョブログを管理することができるため、確実なジョブ実行を実現することが可能です。

システム構成

多様なログ活用機能

A-AUTOはログを収集、管理するだけでなく、内部統制、J-SOX法などに必要な監査証跡を証明するため以下の機能を有しています。

POINT1:80種類を超えるレポート

80種類以上の分析・監査用レポート機能を標準装備しており、導入後すぐにログの活用が可能です。

図[レポートテンプレート]

簡単な操作でレポート出力が実現できます。また、スケジューリングによる自動レポート出力も可能です。

図[運用管理レポート]
図[レポートテンプレート]

サンプルレポート:ファイルアクセス一覧
「いつ」「誰が」「どのサーバの」「どのファイルに」アクセスしたかを簡単に集計・レポートが可能です。

POINT2:全文検索による高精度検索

膨大なログデータから、必要なログデータを素早く抽出し、集計・分析するためには、高度な検索エンジンが必要です。A-AUTOの全文検索機能は、システムや部門・地域などの複合条件によるログの検索にも威力を発揮、自由度が高くストレスの少ない検索を実現します。

図[検索条件例]
【検索条件例】 複合条件による複数ログの検索にも効果を発揮します。
図[検索結果例]
【検索結果例】

 

POINT3:ログを活用したイベント検知機能

ログを活用したイベント検知機能により、問題発生時の自動通知(メール)やリカバリ処理の自動起動で迅速に対応することが可能です。

図[ログを活用したイベント検知機能]
  1. リアルタイム検知:指定した条件で1件発生するごとに通知します。
  2. バッチ検知:複数ログを分析し、設定しきい値を超えると自動で通知します。

ログ管理の運用負荷削減機能

ITシステム運用を30年以上支えてきたユニリタ独自の運用負荷削減機能になります。

POINT1:エージェント管理マネージャ機能

エージェントのリモートインストール、アップデートを一元管理することで、運用の工数を大幅に削減します。

図[エージェント管理マネージャ機能]

POINT2:サーバ負荷分散機能

日々増大するログの保存に対応するため、ログ管理サーバを必要に応じて分散、追加できる高い拡張性と柔軟性を実現。数年間のログ保存を見据えた管理が可能です。

図[システム構成]

POINT3:セキュアなログ管理の実現

ログの改ざんチェックによりログデータの潔白を証明。加工(正規化)前の生ログを保管し、ログの証跡能力を発揮します。

  1. ログの改ざん防止:独自圧縮フォーマットによるログ保存
  2. ログの改ざんチェック:ハッシュ値を利用した改ざんチェックにより、ログの信頼性を保つことができます。

POINT4:A-AUTO本体の操作履歴をログとして管理

ログを管理する際に使用した機能や設定の履歴も、ログとして収集・保存・管理が可能です。監査時にログの信頼性だけでなく、A-AUTOの信頼性を証明することが可能となります。

図[A-AUTO本体の操作履歴をログとして管理]

ログ収集機能~専用エージェントによるログ収集

専用エージェントを利用することで、ファイル形式で出力されるログデータを収集可能です。
テキスト形式・CSV形式等テキストエディタで参照できるログファイルであれば、A-AUTOで管理可能です。

POINT1:3項目のみの定義でログ収集可能

  1. ログ出力フォルダ
  2. ログファイル名
  3. 収集インターバル

上記のたった3項目の定義だけでログ収集が開始できます。

POINT2:事前のログフォーマットが不要

システム構築をする上で一番煩わしく手間のかかる事前のログフォーマット定義が必要ありません。
必要最低限の指定を行えば、その時点からすぐにログ収集されます。

POINT3:ログの差分収集

システムが稼働していればログも出力され続けます。ログファイルを常に監視し、前回収集時のから増加した差分だけを収集します。

関連サービス&プロダクト

ジョブ管理ツール A-AUTO導入事例集ダウンロード

ジョブ管理ツール A-AUTO導入事例集ダウンロード

1.キヤノンマーケティングジャパン株式会社
2.株式会社神戸製鋼所
3.大鵬薬品工業株式会社
4.オリンパス株式会社
5.ジヤトコ株式会社
6.株式会社全農ビジネスサポート
7.昭和シェル ビジネス&ITソリューションズ株式会社
8.株式会社三越伊勢丹システム・ソリューションズ
9.日本精工株式会社
10.株式会社電通国際情報サービス
11.日本通信紙株式会社
12.Laboral Kutxa(ラボラール・クチャ)
13.エイチ・エス損害保険株式会社
14.株式会社インフォセンス
15.日本出版販売株式会社
16.東京書籍株式会社
17.JR九州システムソリューションズ株式会社

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業部 052-561-6808
  • 大阪事業部 06-6245-4595
  • 福岡事業部 092-437-3200

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム