エンタープライズ企業で採用されてきたサーバ監視製品の多くが2000年前後に導入された「高機能」で「高価格」な製品です。当時は、サーバプラットフォームに対する可用性の低さを高機能なサーバ監視ツールで担保していました。当然、高機能な製品は高額となるため、サーバ監視に必要なエージェントの増加に比例し、保守コストが膨大な費用に膨れ上がっているケースを多く見かけます。

15年以上が経過した現在では、当時は高額なサーバ監視製品でしか対応できていなかった監視機能が普通にオープンソース製品で実現可能になっています。特にオープンソースのサーバ監視ツールにおいてデファクトスタンダードである「Zabbix」は、数多くのデータセンターやエンタープライズ企業で採用されています。

A-AUTOのサーバ監視機能は、オープンソースの「Zabbix」を用いています。ジョブ管理だけでなく、「Zabbix」によるサーバ監視を含めた統合監視を実現する各種サービスをユニリタは用意しています。

サーバ監視に関する以下の課題を解決します

  1. 課題1

    長年利用してきたサーバ監視ツールのコストを削減したい

  2. 課題2

    基幹システム刷新のタイミングで、ジョブ管理を含めたシステム運用管理の基盤を見直したい

  3. 課題3

    オープンソース製品を利用したいが、サポートサービスの面で不安がある

解決方法はコチラ

Zabbix監視画面(CPU監視のグラフ表示)

A-AUTO/Dashboard 監視画面

Zabbixのサーバ監視、A-AUTOのジョブ監視を統合化するのがA-AUTO/Dashboardです。統合監視画面として利用できるので、異常発生に対する初期対応などの統合管理を実現します。

関連リンク

A-AUTO × Zabbix

Zabbix活用によるサーバ監視コストの削減:詳細はコチラ

高額な商用ツールでのサーバ監視はコストが膨大になります。オープンソースのサーバ監視ツール「Zabbix」を採用することで、コスト面の課題を一気に解決します。

まずはお気軽にお問い合わせください。

どのサービスが一番適しているの?課題がまだまとまっていない。。。 こういう事例はある? 見積もりだけでもいい?

  • 東京本社 03-5463-6381
  • 名古屋事業所 052-561-6808

※受付時間:平日9:00~17:30

お問い合わせフォーム