Menu
HOME | 導入事例 | 製造 | スリムなSAPでコストを抑制しながら、基幹システム刷新|日本特殊陶業株式会社 様

Case

導入事例

スリムなSAPでコストを抑制しながら、基幹システム刷新|日本特殊陶業株式会社 様

スリムなSAPでコストを抑制しながら、基幹システム刷新|日本特殊陶業株式会社 様

周辺システムとのつなぎで、アドオンプログラム50本以上削減

日本特殊陶業はNGKスパークプラグとNTKニューセラミックの製品技術で、自動車関連や半導体関連・医療関連など、様々な産業分野にその応用技術を活かして意欲的な取り組みを行っています。国内4工場では2006年に累計100億個のプラグ生産を達成しています。海外にも製造および販売のネットワークとして、30以上の現地法人や事務所を展開しており、スパークプラグでは世界シェア31%、車載用酸素センサーでは36%を誇る、世界のトップメーカーです。

導入製品・サービス

Waha! Transformer

導入メリット

  • アドオンプログラム50本以上削減によるコストダウンを実現
  • EDI、データ移行、照合テストデータ、など業務でツールを活用

基幹システム刷新

グローバルを見据え、SAP導入

1959年にいち早くブラジルに進出し、その後もモータリゼーションの活性化とともに、北米、南米、ヨーロッパ、アジアなどにビジネスが広がり、現在では輸出比率75%というグローバル企業に成長を遂げています。

このステージは今後も変わらず、世界シェア40%獲得の実現を目指しています。

経営TOPから

  • グローバル経営のスピード化
  • 法改正や内部統制への迅速な対応
  • 経営の透明度の向上
  • 経営施策への迅速な対応

IT課題から

  • グローバルシステムの標準化
  • エンドユーザコンピューティング推進
  • IT投資の効率化
  • ACOSシステムの限界

このような背景から、基幹システム刷新としてSAPの導入が決定しました。今回のプロジェクトでは、国内自動車関連事業・会計・購買の業務範囲でSAPの構築が始まりました。関連部門は、自動車関連事業本部の営業本部・プラグ事業部・センサー事業部など、会社の根幹を支える部門です。

IT課題から

導入前

業務設計フェーズ後に露呈した、想定を超えるアドオン費用

販売・物流領域の重要タスクとなる取引先とのデータ交換<受注・出荷・検収>は、当初SAPアドオン対応で検討していましたが、業務設計フェーズ後に想定を越える肥大となったことで、方針が変更されました。受注・出荷・検収データなどは、各取引先固有の要件が含まれ、個別アドオンプログラムが必要となります。また取引の条件変更によって将来的にも高頻度でプログラムの修正が発生するリスクがあります。

検討

ツールは安くないが、要件は全て満たされた

テキスト

日本特殊陶業株式会社
情報システム部長
宮田 明和 氏

「コスト削減が達成できたのでプロジェクトに対するインパクトは大きいですね」

2008年3月に業務設計フェーズが終了した時点で、導入コスト削減のためアドオンプログラムの代替案を検討することになりました。

  1. 取引先別の固有のデータ処理は、アドオンで対応せず外部に切り出す
  2. SAP標準レイアウトを設定し、SAPにデータを受け渡す部分のみをアドオンで対応する
  3. 仕様が残っていない古い変換定義はCOBOL解析ができるベンダを選定する
  4. プログラムレスで視覚的に優れたツールを適用し、今後の修正に備える

 

既存の変換処理COBOLソースをベンダに提供し、ツール比較を行いました。 コスト的には割高でしたが、期限のあるプロジェクトでは信頼できるパートナー選びが重要という判断で、短期間での要望を満たしたBeaconIT Data Integration Suite(BDIS)の導入を決定しました。

比較ポイント表

  BeaconIT Data Integration Suite 他社製品
ツール コスト ×(高い) ◯(別領域導入済)
使いやすさ ◯(視覚的にも高評価) ×(直感的な理解は困難)
開発 オンコーディング量 ◯(ツール機能が充実) ×(相当の条件/代入式が必要)
技術支援コスト ◯(競合他社より安価) ×(高価な見積り)
ソース解析 ◯(対応可との回答) ◯(対応可との回答)
開発期間 ◯(弊社スケジュール了承) ◯(弊社スケジュール了承)
デモ内容 成果物内容 ◯(期待通り) ×(アウトラインのみ)
準備/仕様理解 ◯(誠意を持って対応) ×(依頼内容未達)

構築

EDI業務以外にも移行データ、照合テストデータ、他システム連携まで

EDI業務以外にも移行データ、照合テストデータ、他システム連携まで

BDIS環境もSAPに合わせて本番機、開発機のサーバを設置し、海外販社・メーカーOEM・メーカー補修・代理店からの受注や出荷、検収のデータ、運送会社への送り状データなどの受け渡し処理を中心に活用しました。

取引先は海外を含めて受注16社で最大1日4回のバッチ処理、検収・出荷は13社が対象となりました。

導入後

データ加工は自分たちのペースで自由になるので、手戻りも怖くない

データ加工は自分たちのペースで自由になるので、手戻りも怖くない

EDI業務のアドオン費用の削減は当初の導入目的でしたが、これ以外にも想定外の工程で、BDISを活用することができました。当初肥大してしまった想定費用を約1/2に削減しています。

各業務領域における、新旧システムのコード体系の変換、ACOSデータのコード変換などによって、合わせて25本の変換ジョブが必要でした。これらもCOBOLなどの変換プログラムを作成することなく、BDISで処理することで大幅に工数を削減できました。

また、ACOSやオープン系の既存システムからのデータ移行も同様に27本の処理を代替できました。

今後

SAPのデータ活用にも利用し始めています

テキスト

日本特殊陶業株式会社
情報システム部
業務企画・運用G 主任
大江 浩 氏

「機能・サポート体制を含めて最善の選択ができたと思います。
課題であったEDI処理の脱プログラムも実現できました。」

社内の基幹データが集中するSAPから営業部門などの現場が必要とする情報を、迅速に提供する環境を構築しつつあります。ERP Adapterで直接つなぐことで、アドオンプログラムを作成せずにSAPデータを抽出します。また現場の要望するデータ形式に加工もBDISで処理しています。周辺システムとのインターフェイスや現場が必要な管理資料を、短納期かつ低コストで実現が可能になりました。その他、テーブルデータのアーカイブにもERP Adapterが使えると社内評価を終え、こちらにも利用する予定となっております。

日本特殊陶業株式会社

  • 設 立:1936年10月26日
  • 従業員:6,050名(2009年3月現在)
  • 資本金:47,869百万円
  • ※本資料は、2010年4月に取材した内容をまとめたものです。
  • ホームページ : http://www.ngkntk.co.jp/
日本特殊陶業株式会社

Waha! Transformer 実践事例集を無料でダウンロードいただけます

Waha! Transformer 実践事例集

データ連携・統合の課題を解決!
「Waha! Transformer 実践事例集」を無料でダウンロード

本事例の他、データ連携・統合に関した10社事例をまとめた事例集(PDF)をダウンロードいただけます。課題別に各社の経緯、改善策、効果など、実践事例をぜひご覧ください。

以下のフォームに必要事項を入力の上、下部にある「送信する」ボタンをクリックしてください。印は必須項目です。
ユニリタグループの製品およびサービスは、法人様・官公庁様・学校様向けの製品のため、個人様からのお申し込みはご遠慮ください。

関連製品・サービス

Waha! Transformer

業務・開発の工数削減を実現するETLツール
Waha! Transformer

Waha! Transformerは、データ連携・統合時の工数削減を実現する国産No.1 ETLツールです。
導入実績は1,800ライセンス、企業のデータ活用を支えています。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT

お問い合わせ

アイコン mail

製品に関する
お問い合わせ

アイコン book

デモ動画・資料
ダウンロード

アイコン book

電話でのお問い合わせ

03-5463-6381

052-561-6808

営業時間: 平日 9:00 〜 17:30